忍者ブログ

がんばる!美的女子☆

毎日の女子生活を紹介します

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガイナ

ガイナの素晴らしさを一人でも多くの施主様にお伝えすることに時間を使いたいからです。日進産業は、それ以前から断熱材をいかに薄く出来るかという研究をしていました。
PR

HIDライトGETTTTON!!!

ついに愛車のヘッドライトがHIDバルブライトになったよ!
念願の明るさ。まじ、やばいっしょw

明るいし、夜道の運転が楽になったなぁ~
これで暗い山道も心配な~い

HIDライトをWikiで調べてみたらこんな感じでした。

HID(Hight Intensity Discharge)バルブは直訳すると高輝度放電灯です。
一般的にHIDキセノンライトやディスチャージライトと呼ばれています。

全光束が3300ルーメンという驚きの数字であり、従来のハロゲンバルブ(1000ルーメン)と比較すると明さが2~3倍寿命も約5倍です。単純に明るさアップして、寿命も長いのでお得です。しかも、消費電力も通常のハロゲンの半分!35Wでバッテリーへの負担も軽減します。HIDバルブライトは明るいライトで寿命も長持ち、まさにお得なライトなのです!

まぁ、さっぱりわかりましぇん。。
要するに省エネで明るいってことかな☆

Nice HIDバルブライト って感じです

アロワナ

アロワナ、それは単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。 アロワナにはその生産地によって大まかな分類がなされています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『ス ポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。 世界に五種類存在するアロワナですが、その細長い銀色の刀のような形こそよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、サイズも水槽で飼 う場合、大きくなるスピードがかなり違うようです。 このように世界中に存在して、地域によって個性の豊かなアロワナですが、残念ながら一番美しいアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手 に入れることはできません。 買うことができなくなった理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。食用としてではなくて、観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減っ たのです。 このため、今では野生のアジアアロワナは絶滅危惧種として一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見さ れればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。 ところが実は、アジアアロワナは実は日本に定期的に輸入され、販売されているのです。 アロワナの個体数の激減に目をつけたアジアの原産国の華僑の方たちが1990年ごろからその養殖を始め、成功したからです。大きな飼育エリアを必要とする ので大変だったようです。 アジアアロワナの場合、美しいことで知られる種類がさまざまな交雑で維持が難しかったのが、幸か不幸かこの養殖で純血種として確立し、人気を集めていま す。 アジアアロワナにはどのような種類や色のバリエーションがあるのでしょうか?その色の違いから5種類のものがあります。一番人気は全身金色の『過背金龍 (マレーシアゴールデン)』ですが、そのほかには『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』、そして 『紅龍(スーパーレッド)』があります。 これらの養殖アジアアロワナの体内にはすべてマイクロチップが埋め込まれ、輸出管理されます。日本の国内における売買も届出制となっています。 現在では養殖の美しい個体が確実に買うことができるといっても、やはりこのように非常に生産が大変なアジアアロワナ、人気の過背金龍などは30万円をくだ らない高級魚です。でも、値段は関係ないと思わせてくれる魅力をもつ魚であるのは冒頭に述べたとおりです。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
江戸ガワー
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R